So-net無料ブログ作成
検索選択

遺伝子 脳 言語 [1 本題(脳科学モデル)]

サイエンスカフェの内容を本にしたものです


堀田博士が 独特の視点で 話している様子がわかり大変面白く読めました

遺伝子・脳・言語―サイエンス・カフェの愉しみ (中公新書)


言語の取得は、遺伝子で脳を構成する時に言語を取得する仕組みが出来ていて
それがあらゆる言語を取得できる
 なぜなら、アメリカでうまれた日本人が英語を取得する
 日本で生まれたら日本語
環境によって、言語を取得できるのである

ちょっといただけなかった議論が、人工知能の所で
コンピュータの上位にまた、それを統合するコンピュータがあって...
というのがあるが、その統合するコンピュータのソフトが良いかどうかを
統合するものが必要で...
となってしまう

これを突き詰めると どうしても 脳の中の幽霊ということにならないか

まあ、堀田博士は生物学であるから、そこらへんの議論は無理があったのか

酒井さんは 言語の研究をしているだけあって、的確な議論をしているので
非常に良かったと思う

少々古い本なので、最近の活動を見てみたい
[決定]

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 0

コメント 0

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。